ノニ 副作用

ノニの副作用について

代表的な症状として、

下痢
便秘
だるい(倦怠感)
かゆみ
興奮
皮膚疾患
皮膚アレルギー
じんましん

が挙げられます。
ノニをあまり摂取したことがないために、体がノニに慣れていないことが原因のようです。
このような症状が出る場合は、
1回あたりに飲む量をいったん減らし、
継続的に飲み続けると副作用が出なくなることも多いです。

 

だるい(倦怠感)について

ノニジュースを飲むことで血流の増加により新陳代謝が良くなり、
はじめのうちはだるい等の倦怠感が出てしまうことがあるようです。

 

 

ただ、子どもは過敏に反応しやすいので、
小さいお子さんに飲ませるのは止めた方が良いでしょう。
もし子供に飲ませる場合は1回あたりの飲む量を守らせるようにしてください。
その辺のサプリと同じ感覚で飲み過ぎるとノニジュースは危険です。

 

 

1回あたりどれぐらいノニジュースを飲めばいいの?

標準的なノニジュースでは、
1日1回の頻度が理想で、
1回あたり30mlが適切なようです。
商品によって多少の違いはありますので、
飲み過ぎだけは気をつけて飲むようにしてください。

 

米国で慢性腎臓障害を患っていた男性がノニジュースを1日1.5リットル(適量の50倍)を毎日3週間飲み続けた結果、亜急性肝不全を発症し、緊急肝移植手術を受けたそうです。
これは通常はありえない分量ですが、用法用量を守って飲むように意識しておきましょう。