ノニ 肝臓

ノニは肝臓に良い効果をもたらします

 

ノニの成分は肝臓の機能を高めます。

 

肝臓のグルコース代謝を調節してくれるため、肝臓に良いとされているんです。

 

肝臓の機能とは

肝臓は栄養素を分解したり、有毒な物を解毒してくれる機能があります。アルコールを代謝させるはたらきもあり、代謝されるとアルコールはアセトアルデヒドに分解されて、酢酸→水に変換されて無毒になります。肝機能が正常でないと、倦怠感や頭痛、慢性疲労といった症状をもたらします。

 

言い方を変えれば、
慢性疲労や頭痛などで悩まされている方は、
肝臓を強化すれば、症状が緩和される可能性が高いんです。

 

 

慢性の肝臓障害がある方は飲み過ぎにはご注意ください。

米国で代替医療としてノニジュースを飲んだところ、
高カリウム血症を起こしたケーズがあります。
他にも、アセトアミノフェン摂取による中毒性肝炎や、
自然治癒性の急性肝炎になった事例もあります。

 

心配になった方はご安心ください。

 

この事例は、1日2リットルのノニジュースを飲むなど、
体重50kgの人が1日に飲むノニジュースの80倍を飲んだ
ために起こっています。
飲み過ぎは良薬であっても体に悪いです。

 

ちなみに、
ノニジュースの摂取量は、体重×0.5ccです。

 

適量を飲んでいれば、肝機能の強化に繋がり、
毒素排泄処理が多くできるようになり、健康になります。
また、ノニに含まれるプロゼロニンとプロゼロネーゼは、
ゼロニンという成分に変化し、痛んだ細胞を修復してくれます。

 

ガンの予防にもなるんですよ。