パニック症候群 接し方

パニック症候群で苦しんでいる方との接し方、コミュニケーション

パニック発作を起こしているときは、平常ではありません。
極度の不安や、過呼吸が襲ってきます。
本人は話を聞いてもらうだけでも安心しますし、
近くに信頼できる人が居てくれるだけでも精神的なゆとりができます。

 

「それぐらい大丈夫」
「みんな不安なときぐらいあるよ」

といった言葉は絶対にダメです。本人にとっては一大事であり、元気な人と一緒にされたくない思いも強いのです。励ましもプレッシャーになるので、あまりよくありません。

 

「自分がついているから安心して!」
「心配しなくて良いよ」

と声をかけてあげたり、
手を握ってあげたり、体のどこかに手を当ててあげたりすると、
強い安心感を与えてあげることができます。

 

そもそもパニック発作は起こらない方がいいですよね?

 

パニック発作の予防・治療にオススメなのはノニジュースです。

 

ノニジュースは不安を和らげる効果があり、
栄養素が非常に豊富で、
栄養不足によりパニック症状が起こっている場合に非常にも効果的です。

 

パニック発作が落ち着いているときに、
天然ノニを使用したノニスピリットを紹介して、
パニック発作の治療方法を教えてあげてくださいね!

 

 

パニック障害の人は依存しやすい性格になってしまう傾向があります

パニック発作を経験すると、
その場を逃げだそうとしたり、誰かに助けを求めようとします。

 

逃げだそうとする人は、パニックを起こすと誰かに迷惑をかけるため、
一人になって発作が落ち着くのを待とう考えています。

 

どうしようもなくなって、他人のお世話になってしまうことを繰り返すと、
少しずつ依存心が強くなり、自信を喪失していきます。

 

周りの人は、パニック発作を起こしている人の自信を補ってあげるように意識して接するといいでしょう。
また肉体的にも精神的にも弱ってしまうので、
ノニを飲ませてあげて、自然に元気に前向きにさせてあげましょう。

 

 

パニック障害の治し方

パニック障害が長期化してしまうのは、初期治療の遅れが原因です。
慢性化する前に、薬物療法・栄養療法を行い、
パニック発作自体のトラウマにならないように注意しないといけないんです。
慢性化してしまっても、まだ初期段階であっても、オススメできるのがノニジュースです。
ノニの摂取は栄養療法にあたります。

 

SSRIなど、薬物に頼った方法は副作用もあり、
安易に手を出すべきではありません。
依存性も高く、簡単にやめられなくなったり、悪化したりします。

 

 

パニック障害は栄養不足を解消することで克服できます!

お勧めのサプリメントはコレ!

パニック症候群の接し方関連ページ

治療