スコポレチン 効果 効能

スコポレチンの効果効能

私の母親は高血圧症です。
それなので、私も「若い頃から塩分とか気をつけないといけないかなぁ」と考えていました。

 

しかし、計っても計っても低血圧で。
私は母には体質が似なかったのかな?なんて思っていたんです。

 

血圧に変化が起きたのは、妊娠中でした。
それまでは血圧は常に低いほうだったのに、いきなり高血圧に近い値になってしまったんです。

 

出産中も、出産直後はもっとひどくて、
大丈夫??と怖くなるくらいでした。

 

血圧のせいなのか足もすごくむくんでしまって。色も自分の足ではないみたいで。
やっぱり気をつけなければならない、と。再度考えることになったんです。

 

家に帰り、血圧を下げることについていろいろ調べました。
”スコポレチン”という聞きなれない成分が高血圧にいいらしい、ということをその時知りました。

 

スコポレチンは、血管を拡張してくれたり血圧を調整してくれる作用があります。
簡単にいうと、血管の若返り作用、というところでしょうか。

 

動脈硬化のリスクも下げてくれます。

 

でも、血圧降下剤のような薬ではないところが利点で。
アカネ科の熱帯植物であるノニの果実や種子に含まれているそうです。

 

ノニ、というと、健康にいいってことは前々から知っていました。
ノニジュースをたまに飲みにカフェに行っていたんですよね。
心の底からおいしい!、とは思っていなかったものの、
一人暮らしをしていたので健康のためにカフェに行って飲んでいたんです。

 

でも、血圧降下作用のことは知らずに飲んでいたので、少しビックリしました。
知らない間に自分の体にいいことをしていたんだ、と。

 

今後は意識してサプリメントやジュースなどで「ノニ」を摂取して、
高血圧にならないように努力しようと思います。

 

スコポレチンの効果効能関連ページ

中鎖脂肪酸の効果効能